ボルドー混合物 - 殺菌剤の調製と適用に関する指示

ボルドー液体のような薬を聞いて多くの夏の住民。園芸における殺菌剤の使用はそれから始まりました。私達はボルドーの液体が何であるか、それを準備しそして庭でそれを適切に使用する方法を教えます。

多くの夏の住人に知られているボルドー液体は世界で最初の殺菌剤であり、いまだに積極的に果物やベリーの作物を菌類病から守るために使われています。混合物は19世紀の後半に発明されました。ボルドーに住んでいたフランスの植物学者P. Milhard。

最初のボルドーレーベルの1つで、その発明者の肖像 - Pierre Marie Millarde(1838-1902)

今日では、ボルドー液は以下のような一般的な植物病害と戦うために使用されています。

  • さび、かさぶた、果実腐敗、うどんこ病(果実作物中)。
  • マクロスポローシス、疫病(トマト、ジャガイモ)。
  • 敗血症、peronosporosis、炭疽病(きゅうり)。
  • カビ(ブドウ)。
  • スポッティング(ラズベリー、イチゴ)など

組成ボルドー混合物

本質的に、ボルドー液体は石灰乳(水和石灰)中の硫酸銅の溶液です。硫酸銅(硫酸銅)は消毒効果があり、水酸化カルシウム(石灰水)と組み合わせて硫酸銅化合物を形成し、それがさまざまな有害微生物を効果的に中和することができます。

ボルドーミックスの作り方

硫酸銅よりも毒性は少ないですが、製造は特に難しいことではありませんが、混合物で作業を開始するときは、まだボルドー液剤を使用して安全を守ってください。

  • すべての作業は手袋、眼鏡、呼吸用保護具と同様に防護服で行われます。
  • 溶液が混合されている容器は、将来他のニーズには使用しないでください。
  • 庭の領土の外側の地面に埋められた残りの解決策を処分する。

使用日に直接薬を準備する必要があります。翌日庭の仕事が移った場合は、5-10 gの砂糖を殺菌剤に加えて保存します。

だから、1%ボルドー混合物 - ステップバイステップの溶液調製:

ステップ1 少なくとも10リットルの容量で2つの非金属製容器(ガラス、エナメルまたは陶器に適している)を準備してください。

ステップ2 1〜1.5リットルのお湯に100 gの硫酸銅を溶かします。その後、徐々に4リットルの冷たい水を注ぎます。

ステップ3 2番目のタンクに100〜150 gの生石灰を消し、1〜1.5リットルのお湯を注ぎ、その後4リットルの冷水をゆっくりと注ぎます。

ステップ4 各溶液をよく混ぜる。

ステップ5 石灰の溶液を入れた容器に、硫酸銅溶液の細い流れを加えます(しかしその逆もありません)。そして静かに混ぜます。

あなたは鮮やかな青い液体を持つべきです。

その中にあまりにも多くのvitriolがあるかどうかを確認してください。これを行うには、そこにステンレス鋼のオブジェクト(例えば、爪)を下げて、よく見てください:金属上に銅の堆積物があるなら、あなたはもう少し石灰溶液を加える必要があります。

ボルドー液の3%溶液を調製するには、300 gの硫酸銅と450 gの石灰を使用します。

なぜ私はボルドー混合物が必要なのか、そしてそれをどのように希釈するのか、我々は考え出した、今我々はあなたの郊外の地域でこの薬を適切に適用する方法の問題に進む。

ボルドー液:使用説明書

春のボルドー混合物は予防的(「青」)散布に効果的です:腫れの期間または芽芽の開始の間、植物はボルドー液体の3%溶液で処理されます。活発な生育期(植物がすでに葉を持っている時期)には、より弱い1%殺菌剤溶液を使用します。

ボルドー液は他の薬剤と混ぜたり、他の殺菌剤と同時に使用することはできません。

オパールと火傷の葉が怖いことができないので、秋には、ボルドー混合物は早春の治療よりもより濃縮された形(3%)で使用されています。秋の散布は、種子の真菌(洋ナシ、マルメロ、リンゴ)と石の実(チェリー、アプリコット、プラム)の木から保護します。

ボルドーキュウリ液

トマトと同じように、きゅうりには1%のボルドー液を散布します(10平方メートルあたり1.5〜2リットル)。最初の予防的処理は2〜3本の葉の段階で行われ、その後10〜12日の間隔で2〜3回繰り返される。

最後のボルドー液体の散布は、収穫の20〜25日前までに実施する必要があります。

ボルドーポテトリキッド

最初の処理はジャガイモを植える前に行われます:塊茎に植える1〜1.5時間前に1%ボルドー液をスプレーします。次に、ポテトブッシュが15〜20 cmの高さに達すると、10平方M当たり0.5〜1リットルの混合物の割合で噴霧を繰り返す。治療は12-15日後に繰り返されます。

ボルドーグレープリキッド

「緑色の円錐形」の段階(腎臓はまだ溶解しておらず、緑色の先端は見えているだけです)で、ブドウの木に3%のボルドー液をスプレーします。生育期には、薬の1%濃度の弱い溶液を使用してください。

外側と内側から植物の葉を散布する必要があります。

ボルドースグリ液

カラントブッシュ(グースベリー、ラズベリーも)は、しみを防ぐためにボルドー液で処理されています。最初の噴霧は春の早い時期に3%溶液を用いて行われ、次の2〜3回の治療のために薬物の1%溶液を調製する。

ボルドートマト/トマトリキッド

トマトの苗木に病気の徴候(葉の上の灰色、茶色、または黒い斑点)が見られる場合は、スプレーボトルを使って1%ボルドー液で苗木を扱います。

疫病やその他の病気を防ぐために、6月末から7月初めまで(または植え付け2週間後)にトマトにボルドーの混合物を噴霧することを10平方メートル当たり1.5から2リットルの溶液の割合で実行します。植物全体に10〜14日の間隔で3〜4回スプレーする。

ボルドーストロベリーリキッド

融雪の後、庭のイチゴはボルドー混合物の3%溶液(10平方Mあたり0.5〜1リットル)で処理する必要があります。その後、葉の生長段階で、散布を繰り返し、濃度を1%に下げる。次の手順は芽の出現の初めと収穫後に行われます(これらの場合も1%溶液を使用してください)。

ボルドーの木の液体

春には、芽が壊れる前に、木に3%のボルドー液を散布します(大人1人あたり10〜15リットル、若い木には2〜3リットル)。それから、「グリーンコーン」段階では、処理はすでに調製物の1%溶液で繰り返され、次の噴霧は木が咲いた後に行われる。さらなる処理は10〜15日の間隔で行われ、それらの数は季節ごとに6スプレーを超えてはなりません。

ボルドー混合物に代わるものとして、オキシ塩化銅(Polykh、Oxyxなど)を含む同様の作用の薬を使用することができます。そのような道具は「内側から」処理することができ、植物の組織に深く浸透する。さらに、それらは他の物質と混合することができます。

  • 害虫や病気のためのガーデンガーデントリートメント
    庭の保護対策を計画します。