庭に生垣を作る

庭に生垣を作るためには、適切な植物を選択するだけでなく、それらを正しく配置する必要もあります。これを行う方法は、私たちの記事を読んでください。

4月末 - 5月中旬は、特にオープンルートシステムのある植物にとって、ヘッジを植えるのに最適な時期です。後日 - 7月中旬まで - あなたはコンテナからまたは地球の塊で植物を植えることができます。

後期の針葉樹は、発根の過程が活性化したとき、そして落葉性 - 8月下旬 - 10月上旬 - の8月中旬から終わりまでしか植えることができません。

すべての生垣は、密な樹冠を持つ樹木や低木から作られています。

ヘッジは次のとおりです。

  • 裂け目または自由成長。
  • 針葉樹または落葉
  • 1品種の茂みから、または組み合わせて。
  • 単一行または複数行。
  • とげや柔らかい。

トリミングヘッジ

高い落葉フィットに 小葉リンデン, 高山スグリ, コトネアスター, スピレア 春咲き サンザシ (とげとげしい そして サブシリン), Ginnalのカエデ そして タタール語。フェンスは幅がコンパクトで、小さな庭に適しています。

自由成長

これらの生け垣は、植物の刈り込みに負担をかけたくない人のためのものです。彼らは少しリラックスして見えるとより多くのスペースを必要とし、それらの幅は1〜3メートルにすることができます。ほとんどの場合、彼らは自然のコンパクトな冠を持つ低木から作成されます。それらは「緑の壁」の単調な外観を変えることができる開花と美しい低木を含むことができます(犬のバラ、さまざまな種類 噴霧器, ハンガリーライラック そして アムール, チュブシュニク)他の種類も使えます サンザシ、ニワトコ、Maacのスイカズラ そして タタール語, カリーナ・ゴルドビナ (一般的なハムシに苦しんでいる)、そして 膀胱 そして デレン.

自由成長ヘッジ

針葉樹生け垣

緊縮性、単調さ、自分で切る能力によって、針葉樹フェンスが庭の望ましい装飾になります。不幸なことに、中部地帯の気候で成長することができる植物の範囲は狭いです。 トゥジャ西部, トウヒ そして ジュニパー普通.

複数行ヘッジ

長い単調なヘッジは多様化することができます。最初の列に低成長の低木が植えられ、2番目と3番目に高木が植えられています(例えば、 芝生、ヘーゼル、リンデン、毛深いライラック)いくつかのレベルをカットすることができます、他は自由に成長することを許可することができます。

多層の生垣では、対照的な色の植物(薄緑色と濃い紫の葉、濃い針を背景にした黄色い葉の低木など)の組み合わせが壮観に見え、落葉樹と針葉樹を組み合わせるのが適切です。高い層として、一列に植えられた木はそのような生け垣ではよく見えます。

複数行ヘッジ

大理石のトリムヘッジ

あなたが色の同じ植物の一列に異なる品種を植えれば大理石の効果が達成されます。好奇心旺盛は、リアナが刺さっている生垣のようです。

ヘッジには適していません

  • ライラック 品種は、年齢とともに茂みの下部がむき出しになります。それは前に植えられた植物で閉じられるべきであるか、またはライラックの野生種を使うべきです - しおれ、ハンガリー、アムール。 それらは、緑色の壁を作り、急速に成長し、密な緑色の体積を形成し、気付かれず、害虫に抵抗するのに非常に適しています。
  • カリーナ 夏の半ばまでにそれを地面に食べることができる害虫に大いに苦しんでいます。
  • ヘッジのために使われるべきではありません 野外活動 そして 装飾的なラズベリー。彼らは根っこの吸盤で庭全体をあふれさせることができます。
  • ええ、プリヴェ そして ツゲの木 - ヘッジを作成するための悪い候補者。

ヘッジを作成することは骨の折れるそして非常にエキサイティングなプロセスです。植物の選択と配置に数時間(あるいは数日)を費やしたことで、誰もがランドスケープアートの真の傑作を作り出すことができます。

Loading...