春に牡丹を植える方法 - 写真とステップバイステップのマスタークラス

牡丹の春の植え付けは秋と大差ありません。いくつかの機能はまだ持っているが...

多くの人は、牡丹は掘られて分裂した後、8月から9月にのみ植えることができると思います。しかし、苗木の販売は通常2月以前には行われません。何をする?取引を購入し、秋の到来を待ちますか?もちろん違います!牡丹は春に着陸した後も存続します。主なことは、すべてを正しく実行することです。

牡丹は2つの期間 - 秋(8月 - 9月)と春(4月 - 5月)の根の成長があります。現時点では、植物を地面に植えることをお勧めします。

春には、安定した温暖化が始まるまでは牡丹を植えることが必要です。そのため、芽の成長が始まる前に、delenkaは少し根付くことができます。

パイ中間子の良い根茎の選び方

まず第一に、包装に注意を払う。誠実な製造業者は常に示す:

  • 品種の名前。
  • プラントの簡単な説明
  • 植栽の材料の量。
  • 品質管理に合格したことのマーク
  • 着陸の指示

包装を調べた後、部屋の検査に進みます(牡丹はラベルが添付されたビニール袋で販売されているので、通常これは簡単です)。腎臓が2〜3回更新され、5 cm以上の不定根が2つ以上あるはずですが、損傷の兆候や病気の兆候は重要ではありません。

次の場合は購入を拒否することをお勧めします。

  • 手触りが濡れているか、反対に乾燥している。
  • 包装はカビや腐敗のような臭いがする。
  • 根茎上には成長または結節肥厚がある(そのような植栽材料は癌に感染しているか根の線虫によって影響されるかもしれない)。

delenkaに1〜2の芽しかない場合、これは植物が確実に死ぬという意味ではありません。ほとんどの場合、そのような牡丹は単にゆっくり成長し、1年後に咲きます。

このビデオでは、良い牡丹がどのように見え、恒久的な場所に降りる準備ができているかを示します。

屋外に牡丹を植える

一般的に、牡丹の春の植栽の技術は秋のものと大差はありません。土は少し落ち着く時間があるようにピットを事前に掘ることができます。しかし、一部の生産者は植栽の日にこれを行います。あなたがそれらのうちの1人であるならば、この指示はあなたのためです。

ステップ1

少なくとも60×60 cmの大きさの植え付け用の穴を掘ります。

ステップ2

ピットの底には、10〜15cmの層の排水(膨張した粘土、壊れたレンガ、川の砂など)を注ぎます。

ステップ3

掘削した肥沃な土壌の半分、1〜2バケツの堆肥または腐植土、200 gの過リン酸塩、300〜400 gの灰を埋めます。かき混ぜる。土が粘土の場合は砂または泥炭のバケツを追加し、砂の場合は - 粘土のバケツを追加します。

ステップ4

上から、残りの肥沃な土壌をヒロックで埋め、ピットの端まで約10〜12 cm残るようにします。

ステップ5

根をまっすぐにした後、私たちはパイ中間子を中心に配置します(それらは下向きまたは側面に向けられるべきです)。その場所の土が重い場合は、我々はその分節を5 cm深くし、土が薄い場合は腎臓の成長の開始から7 cm深くします。土のレベルを視覚的に確認するには、ピードにスペードハンドルを取り付けることができます。

あなたが強く牡丹を埋めれば - それは咲かないでしょう。これは開花の欠如の主な理由の一つです。反対に、植物が土壌表面に近すぎるように植えられていると、冬には凍結する可能性があります。

ステップ6

牡丹の根茎を慎重に地球で満たし、腎臓を傷つけないように手でわずかに圧縮します。いかなる場合も地面を踏みにじるべきではありません。

ステップ7

残った土から穴の周りにクッションを作り、それにたくさん水をまきます。地面が沈んだら、もっと土地を注ぎなさい。

ステップ8

泥炭、腐植土、または庭の土と泥炭の混合物(1:1)で穴を覆います。これは土壌が乾燥するのを防ぎ、苗を発根させるのに好ましい条件を作り出すでしょう。

最初は、シャクヤクはより速く根付くように毎日水をまく必要があります。その他の手入れは秋の植え付けと同じです。そして「春」の牡丹は9月に植えられたものより少し遅れるかもしれないと信じられていますが、タイムリーな散水、ドレッシングと除草で、あなたは豪華で健康的な茂みを育てることができます。

マスタークラスの教材はALC「Agrarian-Industrial House」によって提供されています。

会社とその範囲についての詳細な情報を見つけることができます。

  • apdom.byのウェブサイト上
  • 次の場所にある会社の店で「庭で、庭で」、
    • ミンスク、独立アベニュー、131/1。
    • ミンスク、ゲリラ首相2。